感震ブレーカー「一発遮断EQ-5」今春からお付き合いさせてもらっております、(一社)住環境創造研究所の所長、村上様が開発された、感震ブレーカー「一発遮断」。

こちらの製品の代理店募集サイトを今夏から制作を進めさせてもらっております。
…と同時に、感震ブレーカー「一発遮断」の特定販売店も契約させてもらっております。

そのような中、NHK「体感 首都直下地震ウイーク」が放送されており、連日、感震ブレーカーの必然性が紹介されているのを見て、急きょ(汗)、表題の件の投稿をさせてもらいます…。

感震ブレーカー「一発遮断」は、震度5強以上の地震が発生すると、自動的に漏電ブレーカーを落とし、電気を遮断する仕組みにて、電源が入ったままの電気器具などからの出火を防ぎます。

一般社団法人 住環境創造研究所様開発の感震ブレーカー「一発遮断」は誰でも簡単に設置でき、「安価な装置で電気火災を予防したい」という社会的ニーズに対応する感震ブレーカーです。本製品の普及促進を通じて防災・減災分野での安心・安全な暮らしに寄与していくことを目指します。

一般的に感震ブレーカーは震災時(震度5以上)に自動的に漏電ブレーカーを落とし、電気を遮断しますので、消灯と同時に明かりを確保できる「停電ライト」を合わせて設置頂くことをお願いしております。

※感震ブレーカーは自治体により補助金・助成対象製品となっていますが、2019年11月から販売を開始した「一発遮断」はまだ各自治体には登録されておりません(今後、逐次登録申請予定)。

よろしければ、感震ブレーカー「一発遮断」の詳細をこちらにて、ご確認下さい。

●「通信販売の法規(特定商取引法)に基づく表示」はこちら